COCOLABO

あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO

東京大学 難波研究室
難波教授
難波 和彦 教授 Namba Kazuhiko
1947年 大阪府生まれ
1969年 東京大学建築学科卒業
1974年 東京大学大学院博士課程修了
1977年 1級建築士事務所 界工作舎 設立
1996年 株式会社 難波和彦+界工作舎代表取締役
2000年 大阪市立大学大学院 建築学専攻 教授
2003年 東京大学大学院 建築学専攻 教授
作品に「箱の家シリーズ」など多数
難波研究室の研究テーマは、サステイナブルな (持続性のある)建築や都市のデザインです。サステイナブルなデザインとは、地球環境を持続させることを目的としたデザインです。
サステイナブル・デザインを実現するには、建物や都市を長持ちさせ、エネルギーを有効に利用することも大切ですが、同時に、社会生活や経済活動を順調に維持することも重要な条件です。そのためには、社会を構成する単位としての家族の持続性が必要不可欠です。現代社会は、さまざまなライフスタイルを持つ家族によって構成されています。さらに、家族がコミュニティと良好な関係を保つことも重要な条件です。現代の住居は、多様な家族が、近隣のコミュニティの中で、新陳代謝しながら、持続していけるような住空間を持たねばなりません。
日本では、戸建て住宅が住居の大きな割合を占めています。そこでココラボ2008では、戸建て住宅に焦点を当てて、多様な家族とライフスタイルに対応した戸建て住居のヴァリエーションと、それが集合してうまれる街並の景観デザインを追求しながら、長寿命で健康的な構法や省エネルギーの技術を取り入れた、環境共生型の住空間を研究してみたいと考えています。
難波研究室のホームページはこちら
研究室メンバー
メンバープロフィール
ページの上部に戻る

COSMOS INITIA