研究室ブログ COCOLABO BLOG

アーカイブ
2006
2007
2008
ここがみんなの会議室。コメントで参加するココラボ2009!「デキゴトが生む家 みんなの脱・n+LDK会議」
11. 9.(Mon)  石田 遼  
COCOLABO 2009 GRAND FINALE

top.jpg

今回でココラボ2009もとうとう最終回となりました。
全20回、半年間の長い間どうもありがとうございました。
最後に研究を振り返ってそれぞれの回が全体の中でどういう意味を持っていたのかということを
研究ページでは書いていなかった舞台裏に迫りつつまとめたいと思います。

”マイクロパタンランゲージ”、これはFinal Roundのテーマですが、実は研究全体の裏テーマでもありました。コンパクトなマンションユニットの設計ツールとなるランゲージ(=言語)を作ること、これが研究を始めるにあたっての大テーマだったのです。もちろんその背景にはブログでも紹介したアレグザンダーによるパタンランゲージの存在がありました。

パタンランゲージというすこしとっつきにくい言葉をどのようにわかりやすく伝えていくか、そしてなにより設計ツールをつくる、という大きくて漠然とした目標にどのように近づいていくか、そのようなことを考えた時にでてきた言葉が”デキゴト”でした。デキゴトという言葉はアレグザンダー自身eventという語を使っているし、なにより一般の方にもわかりやすいということで”デキゴトが生む家 ~みんなの脱n・LDK会議~”という表テーマが考案されました。ではここで今までのすべての研究テーマを見てみたいと思います。

1st ROUND 「小さなデキゴトから考える」
研究No.1【デキゴト = 行為の重なり】
研究No.2【デキゴトから考えた家】
研究No.3【女性のライフスタイルから考える】
研究No.4【女性のライフスタイルが生む家】

2nd ROUND 「いろいろなデキゴトから考える」
研究No.5「モノとのかかわりから考える」
研究No.6「モノと住む家」
研究No.7「家族の在り方から考える」
研究No.8「家族の在り方が生む家」

3rd ROUND 「デキゴトとカタチの結びつきを考える」
研究No.9「たくさんの家からデキゴトを探そう」
研究No.10「外部とつながるデキゴトを考える」
研究No.11「環境からデキゴトを考える」
研究No.12「共用空間/集合からデキゴトを考える」

4th ROUND 「素材、光、時間、デキゴト」
研究No.13「Material」
研究No.14「Lighting」
研究No.15「時間変化×デキゴト」
研究No.16「時と共に変化する家」

Final ROUND 「マイクロパタンランゲージ」
研究No.17「マイクロパタンランゲージ」
研究No.18「マイクロパタンランゲージによる設計」
研究No.19「マイクロパタンランゲージによる角部屋の設計」
研究No.20 「デキゴト×集合住宅」

これらのラウンドは大きく前期(1・2 Round)/中期(3・4 Round)/後期(Final Round)の3つにまとめることができます。

program.jpg

前期(1・2 Round)では行為の重なり(=デキゴト)から間取りを考えていきました。女性、収納、家族の在り方など様々な切り口からデキゴトを考え,そこからどのように新しい間取りが作れるのか、ということを考えるとともに、裏テーマとしてはマイクロパターンランゲージの事例を、設計を通じて集めるという段階でもありました。また、読者のみなさんに対しては、”デキゴト”という言葉を通じて少しづつアレグザンダーのパタンランゲージへの導入とする、という意味もありました。

中期(3・4 Round)では前期で扱ったライフスタイルに加え、もっといろいろな視点からコンパクトな住宅を考えるために、角部屋・環境・共用部・素材・光・時間変化などのテーマを設けました。裏テーマはより広範なマイクロパタンランゲージの収集です。研究的な回と間取りを伴った提案的な回を交互にもってくることで全体としてリズムを持たせることも考えました。またブログではパタンランゲージの説明をし、裏テーマへの伏線としました。

後期(Final Round)では満を持して、マイクロパタンランゲージという語を登場させました。ここではまずそれまで集めたパタンを一斉にカタログとして示しました。ここで裏テーマと表テーマが一致することになります。その後はパタンの有用性を調べるためにマイクロパタンランゲージを用いたプロトタイプの設計を行いました。そしてさらに、集合住宅全体を設計することでマイクロパタンランゲージの射程の長さを示しました。ひとつの住戸の中での微細な設計が都市というおおきなスケールでどのように影響を与えうるのかということがビジュアルな形で表わせたのではないかと思います。

このように書いてみるとすべてがはじめから決まっていたようですが、実際には毎回試行錯誤の繰り返しでなんとか最後までたどり着けて一同一安心しているところです。マイクロパタンランゲージは万能のツールではありませんが、多くの可能性を秘めていると思います。その可能性とは、誰もがツールとして使え、そして使うことによってさらに充実したツールになっていく、というところです。実際、研究17でマイクロパターンランゲージを一覧にして紹介した後も、研九18,19,20ではいくつもの新しいパタンが発見されています。パタンランゲージはこのような今流行りのwikiのような性質を持っているのです。(ちなみにwikiはアレグザンダーの理論をもとに作られています!)そういう意味では僕たちの研究はやっとスタートラインに立てた、というところかも知れません。

さて、長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。そしてなにより、今まで応援ありがとうございました。ブログへの書き込み、アンケートの温かい(ときに厳しい)コメント、ワークショップで子供たちからもらった元気、グループインタビューでのみなさんの生の声、それら全部が研究の原動力でした。

このブログを読んでみなさんがもう一度研究を見返してくれれば本当にうれしいです。そしてアンケートやブログにコメントをいただければなおさら!パタンランゲージを進化させていくのはなによりフィードバックなのですから。

最後にもう一度、本当にありがとうございました。

石田

コメント(0)│コメントを書く
11. 4.(Wed)  ケラマン理菜  
光について

皆さんお久しぶりです。ケラマン理菜です。
今学期私は建築事務所でインターンシップをしています。事務所で毎日働くことは私にとって初めてなのでまだ慣れない事も多いですが頑張っています。

今日は建物の中の光について話します。光はいろいろな意味で人間や部屋の雰囲気にとても大きな影響を与え、不思議な力を持っているものだと思います。
外から入ってくる日光はもちろん、部屋の中の照明の色や方向、強さによっても部屋の雰囲気はまったく変わります。
光と壁の色によって、部屋の広さ、高さや奥行き感が違ってきたり、人の気分まで影響されると思います。

家やアパートの中で理想的な光ってどのようなのでしょうか?本を読む時、家族や友達と食事をする時、お風呂でリラックスしたい時、そのような様々な場面にあうような光の構成を考えれば住まいはより快適な、居心地が良い住まいになると思います。
外から家の中へ入ってくる日光はファサードによってコントロールされます。太陽の光を直接完全に部屋の中へ通すか、シャットアウトするか、もしくはカーテンの役目を果たすようなレイヤーを使うか。
アパートを選ぶ時重要な基準はなにかと考えた時“明るい部屋“は私にとってとても重要な点です。それはだれだってそうでしょうと思っていながらも自分の周りの人に聞いてみて気がついた事は、女性の方が男性よりも光を気にしているようです。それは本当にそうなのでしょうか、それともただの偶然だったのでしょうか。。?

%E3%83%94%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A31.png


コメント(0)│コメントを書く
10.27.(Tue)  佐藤 隆志  
マイクロパタンランゲージとは

1027.jpg

こんにちは。佐藤隆志です。

これまでの私たちの研究の成果と言えるマイクロパタンランゲージが、10/16にHPにアップされました。マイクロパタンランゲージとは、集合住宅でのコンパクトで豊かな暮らしを実現するための工夫を集めたもので、設計する側と使う側との共通の言葉として、両者の橋渡しをしてくれます。

8/31のブログでクリストファー・アレグザンダーの「パタンランゲージ」について紹介しました。私たちのマイクロパタンランゲージも、大きくはアレグザンダーの「パタンランゲージ」の流れを引き継いでいると言えます。
しかしアレグザンダーの「パタンランゲージ」は30年以上も前に提唱されたものであり、現代の生活に合っていない部分もあります。そこで私たちは、現代の「集合住宅でのコンパクトで豊かな暮らし」にフォーカスし、それに合ったパタンランゲージを考えました。それがマイクロパタンランゲージです。ちなみに「マイクロ」という言葉は、「コンパクト」という意図を込めてつけられています。

現在はマイクロパタンランゲージを使って実際にデザインしてみようという段階に入っています。その結果の一部として10/23に集合住宅の住戸のプロトタイプデザインを発表しました。たくさんのパタンの中からいくつかを選び、設計に盛り込みました。選ぶパタンの違いによって多様なデザインが生み出されることがよく分かると思います。また、ただ図面を見るよりも、どこでどんなデキゴトが生まれそうかということが分かりやすくなっているのではないでしょうか。

今回発表した住戸はあくまで私たちが良いと考えてデザインしたものです。実際には、「このパタンを盛り込んでほしい」とか「このパタンは私には必要ない」といった使い手の要望をもとに、設計者と使い手の対話を通じてデザインが生み出されるというのが私たちの考えるデザインの理想の在り方です。ですので、今回発表したデザインに対するみなさんのいろいろな考えをお聞きしたいと思っています。

是非みなさんのご意見をお寄せください。

コメント(0)│コメントを書く
10.19.(Mon)  福田 浩士  
陰影

こんにちは。福田浩士です。
今日は住宅の中の陰影の話をします。

現代の多くのマンションでは、壁が白い壁紙に覆われ、床には白っぽいフローリングが敷かれていることが多いと思います。その空間からはシンプルでユニバーサルな“箱”という印象を受けます。これは日本の伝統家屋にあった奥行き感、もしくは物質が生み出す陰影の世界観がなくなったといえると思います。

例えば住宅の座敷を見渡すと、柱、障子、欄間、袋戸棚、違い棚、格子、幅木、長押、敷居、鴨居など多くの構成要素があり、そのため表面は非常にデコボコしています。壁は砂壁で、白ではなく灰色をしています。また、障子を開け放しておけば次の部屋、そのまた次の部屋が現れるため、これもある種デコボコしていると言えます。そこに入ってきた太陽の光は、モノに吸いつき、またはモノに絡めとられ、空間に奥行き感を生みだします。そしてその陰影には、屋根によってできる大きな影、次に違い棚や梁による中くらいの影、そして格子などによる小さな影など様々なスケールが存在します。僕にとってそんな陰影の世界はかなり落ち着くものです。

また、このような陰影を感じることは自然や時間を感じことにもなります。太陽光というのは朝・昼・夜の時間帯によっても変化します。そして雲の動きによっても大きく変化するのです。太陽が雲に隠れれば暗くなるし、遮る雲がなければ明るくなります。その中で本を読んだり考え事をするのはとても気持ちのいいものです。

陰影は美しくも感じますが、それだけでは「色」がなく味気ないこともあるので植物を取り入れたり、家具や小物を使うことで色を補いたいですね。この日本建築の“陰影”の世界観を現代建築に応用されている建築家はいらっしゃいますが、僕自身もこのことについて考えてみたいと思います。

コメント(0)│コメントを書く
10.15.(Thu)  黒田 真悠  
開放的であること

こんにちは、黒田です。
ついにココラボもつ残すところあとファイナルラウンドだけになり、いよいよクライマックスを迎えました。

今回は僕らがコンパクトな住まいを設計するにあたって、一貫して考えている一つのコンセプトについて書きたいと思います。
それは簡潔に言うとずばり「開放的であること」です。
僕らの提案するプランをどれもドアが無い、カーテンで仕切る、玄関の壁が半透明、などどれもよく言えば開放的、悪く言えば開けっぴろげだと言う特徴を持っています。実際グループインタビューでもこんなにプライバシーが無くて大丈夫なのか、こんな家に住めるのか、などの疑問も頂きました。

しかし、それこそが僕らが一番主張したいことでもあるのです。開放的な家に住むためには、家族間で互いのプライバシーを守る何らかのルールを決めなければなりません。そして、そのようで家族同士で話し合ってルールを決めること、そして開放的な状況でも見えない壁を作り出すこと、それが都市で生活していく上でもっとも重要なことの一つだと思います。

開放的な家で様々なルールを考えながら住みこなしていくこと、それこそが本当にサステナブルな暮らし方なのかもしれません。

コメント(0)│コメントを書く
10. 7.(Wed)  石田 遼  
建物と都市

こんにちは、石田です。
暦は10月になり、秋は深まり、大学は新学期に入りました。

そして私事で恐縮ですが、僕にとっては9月末から一年間のパリ留学が始まりました。パリに来て2週間、少しこちらの生活にも慣れてきたので今回はパリの住まい方について面白いと思ったものを紹介したいと思います。

下の写真ははパリでよくみる集合住宅の主な2つのタイプです。

1007-1.JPG1007-2.JPG

左は”パリ”と言ったときに一般的に思い浮かべる建物だと思います。このような建物は道路ぎりぎりまで建っていて、建築が都市と密接な関係を作り出しています。一方右の写真の建物は道路から少し離れて空地をとり、また日射を最大限にするために角度を振っています。日本の団地に近いようなタイプです。住宅内部の環境としてはこちらのほうがいいのではないでしょうか。

しかし数としては左のタイプが大半です。かなり交通量の多い通りであっても通りから引きをとらずに堂々とベランダを向けているのを見ると住宅の居住環境と都市への構えの比重が日本とパリとでは違うのではないかと感じます。

別の言葉でいえば”建物が街を作る”という意識が日本よりも強く働いているのだと思います。聞くところによるとパリでは土地の所有者がそれを売る場合、まず国がその買い取りの優先権を得るそうで、ここからも都市に対する考え方が日本とはだいぶ違うのだということが伺えます。

逆にパリの人々は都市に住まう特権を謳歌していて、天気のいい日には運河沿いや公園で我が家のように過ごしている人々がたくさん見られます。

都市と家の結びつきの強さを示す最たる例として下の写真のような”家”があります。

1007-3.JPG

セーヌ川沿いに停泊した船は家として使われているものがたくさんあり、きちんと住所も持っているそうです(!)いかに都市に住まうのか、という問いかけに対するひとつの究極の答えかも知れません。

さて、このように見てみると住まい方を考えることはとりもなおさず都市の姿を考えることであることがわかります。今、わたしたちが考えているのは住まい方が変わったときの1つの住宅の姿の変化ですがその変化はいずれは都市の姿を変えるような力を持っているに違いありません。

ココラボ2009は4ラウンドも終わりに近づき、いよいよ佳境に入ってきました。パリにきて少し距離を置いて考えると自分たちがしていることの可能性の大きさに気づかされました。僕自身は今までよりも少し離れた所から関わることになってしまいますが、ココラボ2009、最後まで応援よろしくおねがいします。

パリより石田

コメント(0)│コメントを書く
9.30.(Wed)  黒田 真悠  
シドニーワークショップ

黒田です。長らくブログを空けてしまって申し訳ありません。

前回のアップから今まで僕らが何をやっていたかと言うと・・・シドニーにワークショップに行っていました!!シドニーは日本との時差は1時間、今は春真っ盛りといった感じでした。日本より全然日差しは強いので昼間はかなり暑いのですが、夜はかなり温度が下がり温度差は大きかったです。

0930.jpg

シドニーの街の風景は割と日本に似ているところはあるのですが、僕がやはり日本と大きく違うと感じたのは自然との触れ合いが多いということです。きれいな海に面して広大な公園があったり、ちょっと郊外に行くと国立公園があったりして、なんとなく建築なんかなくてもいいじゃないかと思ってしまうようなところでした笑

そのせいでしょうか、オーストラリアでは一時的なイベントやインスタレーションというのは割と頻繁に行われていて、僕らが今回扱ったテーマも「大学のそばにイベントスペースを作る」というものでした。

このようなイベントについて考えるという不慣れなことでかなり悪戦苦闘をしましたが、普段とは違うことができたのでとても楽しく、またイベントという点ではココラボにも通じるものがありそうですね。

この経験を生かして、これからもココラボを頑張っていくのでよろしくお願いします。

コメント(0)│コメントを書く
9.17.(Thu)  石田 遼  
建築と植物のオイシイ関係

0917.jpg

9月も下旬に入りやっと涼しくなってきましたね。
僕は暑がりなのに冷房嫌いなので夏は苦手ですが夏の終わりはやっぱり寂しいです・・・

さて、みなさん街を歩いていると建物から緑が顔をのぞかせているのをよく見ると思います。中には写真のように緑が大胆に繁茂しているものもあります。
そんななかで最近ひそかにブレークしているモノがあるらしいのです。
それは・・・

・・・ズバリ、ゴーヤです!
安く手に入り、つる性なので成長が速く、暑い日差しを遮り、寒くなるとサッと枯れる。なにより夏にゴーヤ料理が食べられる!ということで多くの方が家庭で栽培なさっているそうです。まさに、安い、早い、うまい、エコの優れモノなのです笑

環境について考えた研究11やバルコニーの使い方について考えた研究13にも関係することなのですが、各家庭内での試みが、戸建てや集合住宅のファサードの表情、ひいては街並を変え、かつ地球環境への負担も減らすと考えるとなんだか夢が広がります。

来年の夏はあなたのお宅にも、ゴーヤをいかがですか?

コメント(0)│コメントを書く
9. 7.(Mon)  福田 浩士  
建築をつくる

こんにちは。福田です。
僕は4年以上建築を学んでいて、とても建築に魅力を感じています。何が良いのかと言いますと、建築を生成するときに莫大な人的エネルギーを必要とし、そのエネルギーをモノを通して身近に感じることができるのが魅力なのです。

例えば、強大なコンクリートの塊、それらに覆われて認識される巨大なヴォイド、遠くからでも眺められる高さ、全てを見渡せる高さ、何万個という構成部材、星の数より多い街の照明、建築によって生み出される歩く人間の流れといったものです。

この目に見えるものを言い換えてみると、大工が、とびが、左官が、配管工が、タイル張工がどれだけの汗を流したか、開発者が、設計者が、施工者がどれだけ話し合ったか、どれだけ徹夜したか、どれだけケンカし、どれだけ握手が交わされたか、どれだけのドラマが生まれるのかということであり、そんなことを思うとゾクゾクします。つまり僕は建築を”運用”するより”生産”する方が好きなようです。

とは言っても実際には仮設建築と内装工事を1件ずつ手掛けたことしかありません。その内の内装工事の方ですが、少し前に親に頼まれて実家の一室の工事をしたというものです。 部屋の広さは10畳ほどで、畳からフローリングへ張り替え、照明の追加、建具の仕上げ材などを取り換えるといったことをしました。全ての作業を1人でやったのですが、とりあえず床の張り替えが非常に大変で、それだけで40時間ほどかかりました。

0907-1.jpg

その工程は、 畳・幅木をはがす→根太を敷く→断熱材を敷く→合板を敷く→フロア材を敷く→幅木を設置というような流れでした。4mの角材を家の中に入れ、加工して、ビスで固定・・もちろん全身筋肉痛です(笑)。一番難しいのはフロア材のオスのサネ部分に斜め45°からビスを打ち込む作業で、 なるべくフロア材の隙間が出来ないように気を使いました。 また、照明は間接にして分散配置することで落ち着いた部屋にしました。

0907-2.jpg

1人でやったということもあり非常に大変でしたが、自分のエネルギーがモノになって現れる快感は素晴らしいものでした。今その部屋では親が生活しております。建築を作ることで人の生活を支えているという実感を持てたことが良かったです。このココラボ2009においても「より良い居住環境をつくりたい!」という想いで頑張っていきたいと思います。

コメント(0)│コメントを書く
8.31.(Mon)  黒田 真悠  
クリストファー・アレグザンダー

みなさんこんにちは、黒田です。8月も終わりに近づき、少しずつ過ごしやすくなってきましたね。
ココラボも第3ラウンドに入り、いよいよ新しい展開を見せつつあります。そこで今日はココラボ2009に非常に関係の深いアレグザンダーという建築家について書いてみたいと思います。

HPのトップにも載っている通り今年のテーマは「デキゴトが生む家」です。ここで「出来事」ではなく「デキゴト」と書いてあるのには訳があります。
ブログで前にも書いたのですが「デキゴト」とは一般的な意味と少し違い、ココラボでは「家族の様々な行為が空間の中で重なり合っているような状態」を意味しています。僕らは第1、2ラウンドでこのような「デキゴト」から設計し、今までのnLDKとは少し違う集合住宅の間取りを考えてきました。

でも実はこのような考え方というのは僕らの完全なオリジナルではありません。そしてこのように「デキゴト」から設計を進めていた建築家がクリストファー・アレグザンダーです。

アレグザンダーは1936年生まれの元数学者という異色の経歴を持つ建築家で、彼の名を一躍有名にしたのは博士論文「形の合成に関するノート」です。ここで彼はデザインするに当たって求められる行為の要求を限りなくリストアップしてそれぞれの行為を関係づけてまとまり(これがいわゆるデキゴトに当たります)をつくり、それを「カタチ」に統合するという方法を示しています。彼がやりたかったのは限りなく合理的でグラスボックス化されたデザインプロセスの開発と言えます。

しかし、この手法にはいくつか問題があり、その一つは「カタチというのは要求から一義的に出てくるものではない」ということです。(例えば何らかのカタチを出すことで初めて見えてくる問題というのもありますよね)。

そこでそのような問題を乗り越えるためにアレグザンダーは、デキゴトとカタチをセットにして一つの「パタン」を作り、それを組み合わせることで設計をすすめる「パタンランゲージ」という手法を考えだします。「パタンランゲージ」は253のパタンを収録した辞典のようなものであり、それぞれのパタンは「小さな人だまり」「座れる階段」「街路を見下ろすバルコニー」など誰でもわかるような言葉で書かれています。それはそれまでの建築家が内輪でしか通じない空間言語で話していたのとは違い、誰にでも理解しやすいデキゴトとカタチのセットで語ることで誰でもデザインプロセスに参加できるようになったという点で、非常に画期的なものであったと思います。

前にも書いた通り僕らはココラボで、設計者とユーザーが双方向にコミュニケートしながらデザインしていくという方法を目指しており、そう言う点においてもアレグザンダーの方法には非常に学ぶものがあります。僕らもいつか、誰でもデザインに参加できるような独自の「パタンランゲージ」を考えてみれたらと思っています。

これからもココラボのHPをよろしくお願いします。

ブログメンバー

石田 遼
「体を動かすことが好きです。最近運動不足ですが・・・。ゴルフは特にうまくありません。」
プロフィールを見る

チャン・ドゥエジン
「シンガポールから日本の建築を勉強しにきました。最近はじめて自分の自転車を買いました。」
プロフィールを見る

ケラマン理菜
「まったく日本人の顔をしているのに漢字と敬語が苦手な日本人です。」
プロフィールを見る

黒田 真悠
「よくネガティブだと言われますが、自分では後ろ向きではなく内向きなのだと理解しています。」
プロフィールを見る

佐藤 隆志
「日々イエスマンになろうと努めていますが、なかなかうまくいきません。」
プロフィールを見る

福田 浩士
「お酒は弱いけれど、大好きです。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の清華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「30歳を過ぎ、ようやく物が片付けられるようになりました。」
プロフィールを見る

春田研究員
「全体的に細長いんです。まだまだ成長中です。いろいろな意味での自分の成長も期待しています。」
プロフィールを見る