メンバー紹介

青木 香織

青木 香織

「いつかシェアハウスに住んでみたいです!」


私の原風景/育った家の風景

私は、団地で育ったので、建物が分棟型で、棟ごとに共同体を形成していました。なので、昔から、家族ではない他人と共に暮らすような生活をしていました。もちろん暮らしの中で直接、空間を共有したりはしませんが、行事があったら、一緒に活動したり、親が留守のときは隣のお家に遊びに行ったり、棟のなかでは、みんな家族のように生活していました。今思うと、この団地での暮らしがあったからこそ、現代のシェアというライフスタイルに興味があるのかもしれません。

最近はまっていること

最近はまっていることは、「実際に見に行くこと」です。本や雑誌で見た建築やポスター、インターネットで見た展覧会などを実際に行って見ると以前とは違う印象を受けたりします。写真だけでは気がつかなかった点、資料を読んで想像したものとの違いを感じたり、新しい発見をすることも多々あります。そのため最近では実際に行って見ることが重要だと思い、気になる建築や展覧会は行くようにしています。

シェアについて考えていること/していること

人はどこからどこまで、何から何までをシェアできるのかということに興味があります。空間、時間、もの etc ...。そして、今あるものをシェアするというライフスタイルを定着させることができれば、これからの社会、人口が減少してもシェアによって人と人とのつながりが生まれると考えます。

.