新しいシェアスタイルの「リ・コンセプト」

2nd.Roundの「シェアニーズ」分析結果を基に、
3rd.Roundではシェアハウスの具現化に向けて、
新しいシェアスタイルの「リ・コンセプト」を行っていきました。

who × what  × howの新しい仕組み

who

人の集まりの規模と共有の度合いの単位

who

spaceのコンセプト

who

「リ・コンセプト」で定義した新たなシェアスタイルを、[人の集まりの規模と共有の度合いの単位S/M/L/LL]と[3つのCommon]を住居構成のコンセプトとし、4th.Roundでは実際のシェアハウスとして具現化していきます。 

.